あさひかわ嵐山ビジターセンター設立30周年行事

 

嵐山ビジターセンターは1989年の開設以来30年になります。1999年の10周年行事では、北大名誉教授の石城謙吉さんの「都市林の話」をもとに、嵐山への思いを語り、2008年の20周年で行事では、「緑のネットワークと自然再生」、鼎談「自然と生きる、自然に生きる」を行いました。この30周年では斉藤傑さんの講演「旭川にとっての嵐山」をもとに、開設以来の活動の経過を纏めることで、嵐山の文化、自然、歴史の保全と活用についてビジターセンターのこれからの役割について共に考えたいと思います。

 

記念行事日程

8月4日(土)30周年記念フォーラム(参加無料)

      14:00~15:20 テーマ「嵐山とビジターセンター」

      ➀ビジターセンター建設のいきさつ(出羽寛・あさひかわ嵐山ビジターセンター代表)

      ➁30周年へのメッセージ(事前に何名かの方にお願いしています)

8月4日(土)記念講演(参加無料)

      15:30~16:30 「旭川にとっての嵐山」斉藤傑さん(旭川学研究会事務局長)

8月4日(土)林の中での交流会(参加費2,500円・事前申込み制)

      17:00~

8月7日(火)〜8日(水)みみずく森の探検学校(参加費3,000円[会員は2,500円])

      申し込み者には後日持ち物などの詳細をお知らせします。

      8/7(火)第1日目 13:00集合 15:00~16:30昆虫・植物の採集と観察

      8/8(水)第2日目 9:00~11:00植物・昆虫の標本を作ろう 11:30~流しソーメンを食べよう

             13:00~修了書授与 14:00解散

8月7日(火)みみずく森の映画会(参加無料) 野外スクリーンで上映します

      19:30~21:00「生きとし生けるもの」 監督:今津秀邦

8月12日(日)嵐山歴史探訪(参加無料)

      10:00~14:00 嵐山ビジターセンター→スキー場跡地→近文山→嵐山頂上

            →嵐山ビジターセンター

      お話し:浅田政広さん、斉藤傑さん(近文山で「国見の碑」にまつわる話など)

 

※その他に、嵐山ビジターセンター建設時から現在までを紹介する写真展示、及び活動記録誌の発行を予定しています。